特商法で定められている内容を理解しよう

特商法は「特定商取引法」とも呼ばれ、消費者の利益を守るルールを定めている法律です。ネットショップを運営するときは「特定商取引法に基づく表記」をする必要があり、安心して取引ができる環境を作らないといけません。
特商法では広告の表示、誇大広告の禁止、未承諾者に対する電子メールの提供の禁止、前払い式通信販売の承諾などの通知、契約解除に伴う債務不履行の禁止、顧客の意向に反して申し込みをさせる行為の禁止があり、利用者と約束する必要があります。

最近ではインターネットでの取引が中心になり、それとともに消費者トラブルが起きやすいです。特商法はこのようなトラブルを防ぎお互いに安心して利用できるようにしているため、きちんとルールを守れば安心して取引ができます。

違反をするとチャンスロスになる

ネットショップの運営では特商法に違反すると業務改善命令や業務停止命令、業務禁止命令などの行政処分があり、チャンスを失うことになります。
このため、不正行為をしないよう正確な内容を利用者に伝え、悪い口コミが流されないように注意することが大事です。特商法による表記は利用者が不安にならずに選びやすくする役割があり、不安に思われないようにしないといけません。

誇大広告は利用者を集めるために魅力を強調する方法ですが、してしまうとそれだけで信用を失いリピートしてもらえなくてチャンスロスになります。また、消費者トラブルに関しては消費者庁も敏感になり、利用者からの通報がないよう信頼を裏切るような行為を避けないといけません。

どのような内容を掲載すべきか

特定商取引法に基づく表記ではネットショップの自己紹介として販売業者の名前または屋号、運営統括責任者名、所在地、商品代金以外の必要料金の説明、申込有効期限、、不良品の取り扱い方、引き渡し時期、支払いや返品の方法や期限を詳しく説明する必要があります。
また、連絡先にはメールアドレスでコミュニケーションをしやすくし、商品の代金の支払いや不良品の取り扱い方は双方とも不正ができないようにすることが大事です。ネットショップの利用者は利用者側が不正を行うケースもあり、期限を定めてトラブルが起きないようにする必要があります。

特定商取引法に基づく表記は細かい内容を明確にしないといけませんが、利用者の信用を集めるためには必要最低限のルールです。このため、漏れがないように確認し、リピートしてもらえるようにすると売上を伸ばせます。