最近はネットを利用しリモートワークが当たり前のようになっていますが、ネットを使用したビジネスにはさまざまな形が考えられます。
例えば今までの仕事を在宅で行うリモートワークや、一つ本業をもっていて新たに副業としてネットビジネスをするという形も多いです。

今までの仕事を自宅でやるようになったリモートワークなら会社側で詳しいやり方を聞くことができますが、ネットビジネスは全くの未経験で副業として始める人にとっては分からないことが多くて困ってしまうことも考えられます。
そこで、ここではネット副業を始めるにあたり、とりあえずやり方を覚えておいたほうがいいことについてまとめたいと思います。

ここで紹介することは、ネットビジネスで使用頻度が比較的多いものです。
必ず使用するとは限りませんが、とりあえずは使い方を覚えておくと後に便利になる可能性が高くなります。
私がネッと副業をやるにあたって覚えておいたほうがいいと思うものは、以下の3つです。

1、チャットワーク

チャットワークは、クライアントなどとメールやチャットでやり取りができファイルを送ることもできます。
個別で連絡を取り合うこともでき、できれば他の従業員に知られたくないような会話もメールですることが可能です。

2、スカイプ・ズームなど

スカイプやズームは、通話だけでなくカメラを使用して映像を使用することができるとても便利なアプリです。
最近では利用者が特に多く、プライベートでも使用しているケースが多くなっています。
これらは、仕事ではどうしてもメールだけでは説明でいない時などに利用すると、分かりやすく伝えることができます。

画面を共有することもできるため、分からないことはそのページを相手に見せながら説明してもらうこともできます。
画面を通しているだけで、直接説明をしてもらっているのと同じような分かりやすさを体感することができるのです。

3、ワード・エクセルなどの操作

ネット副業で記事を納品するような仕事の場合、記事を書くためにワードやエクセルなどを利用する可能性は高いです。
中にはメモ帳などでもいいという場合もありますが、ワードやエクセルは念のために使い方を覚えておいたほうがいいと思います。

もし使用しているPCでワードやエクセルが使えない状態なら、別途インストールしてでも使い方を覚えておくことをおすすめします。
これらはネット副業だけでなく本業の事務職などでも活用できるので、覚えておいて決して損はないと思いますよ。

以上の3つがネッとビジネスで比較的多く利用されるものです。
どれも慣れてしまえば使い方は難しくないですから、早めに使い方を身に着けてしまいましょう。